お問い合わせ

お問い合わせ

ご相談・お問い合わせなど、
お気軽にお寄せください。

0555-72-3263

メールでのお問い合わせ

会社情報

会社外観

株式会社 雅精工

〒401-0301 山梨県南都留郡 富士河口湖町船津胎内6608 TEL.0555-72-3263
ABOUT US ACCESS

既存商品の比較

採血量の違い

採血量の違い

既存商品を製造、販売しているA社、B社は A社100μℓ~150μℓ B社60μℓ~65μℓと一般の人が指先から採血するには多すぎます。それに比べ、マイクロサンプラーは生化学13項目の検査を少なくとも20μℓから分析が可能です。また検査項目により自由に採血量を変えることが可能であり、一般の方でも十分採血をすることができます。生血液を処理検体とするので分析データの誤差が微少です。

分離法の違い

既存商品を製造、販売しているB社では採取した血液を緩衝液で浮遊させ膜の束を力学的に通して血球を取り除く「膜分離法」という方法を使っているのですが、膜を通過する際かなりの圧力が生じるため血球が機械的に破壊されて溶血してしまい、検査不能または大きな誤差が発生します。
弊社で採用している遠心分離法は遠心力で血液を血清と血球に分ける為、溶血はほとんど生じず、既存商品よりも正確な検査結果を出すことが出来ます。

分析用検体量と希釈倍数の違い

膜分離法は膜の束に大切な試料がどうしても滞留するため十分な試料量を得る為に高希釈倍数(10~30倍)となります。高希釈倍数ですと、実測値および算定する希釈倍数も精度は大幅に低下するので、検査結果を正確に出せないのが実情です。
遠心分離法では上層に血清がある状態なので正確に生理食塩水で希釈でき、5~6倍希釈となる為正確な結果が得られます。

既存商品の留意点

市場にある末梢血を利用した郵送検診、サテライト検診用の用具&方法は以下の2商品であるが、いずれも留意点があり大型商品となっていない。

A社の場合 B社の場合
採血量 100~150μl 60~65μl
検査・分離法 ろ紙に染み込ませた血液の遠心分離 血液の希釈&膜分離による微量検査
留意点
  • ・採血量が多く、痛みの強いランセットを使わざるを得ない
  • ・絞り出しによる体液混入など血液サンプルの品質確保が難しい
  • ・高頻度で日常検診などに使うのは難しい
  • ・1センター集中で結果までに日数を要する
  • ・溶血など検査精度が悪くスクリーニング用途に限られてしまう
  • ・膜吸着、希釈溶液成分などの影響で検査項目が限定される
  • ・方法論的に高倍率精度を安定させるのは困難
  • ・自宅郵送なので検体管理が難しい

製品比較表

商品名、社名 A社 B社 マイクロセルフキット
採血量 100~150μl 60~65μl ~30μl
採血部位 指先 指先 指先他
痛み
採血場所 ドラッグ店等 自宅(郵送) ドラッグ店等
血清分離方式 遠心分離 膜透過(血漿) 遠心分離
検査精度 高い 低い 高い
検査日数 7~10日 1週間程度 2~3日
検査結果 店頭渡し 自宅(郵送) 店頭渡し
医療機関連携 今後 病院 地域医療機関連携
価格(生化学)
採血方法 吸収繊維を使用した採血 吸収繊維を使用した採血 毛細管チップによる生血採血
採血量の確実性 目視により誤差が発生 目視により誤差が発生 誤差がない定量採血
採血量の変更 不可 不可 13項目中3項目測定可能
5μl刻みで変更可能
測定項目(生化学) 13項目 13項目以上 13項目以上
5μlで測定 不可 不可 13項目中3項目測定可能
動物(犬、猫)検査 不可 不可 可能

お問い合わせ

ご相談・お問い合わせなど、お気軽にお寄せください。

TEL.0555-72-3263

Contact

メールでのお問い合わせ リンクボタン

お問い合わせはこちら

PageTop