お問い合わせ

お問い合わせ

ご相談・お問い合わせなど、
お気軽にお寄せください。

0555-72-3263

メールでのお問い合わせ

会社情報

会社外観

株式会社 雅精工

〒401-0301 山梨県南都留郡 富士河口湖町船津胎内6608 TEL.0555-72-3263
ABOUT US ACCESS

製品特徴

自宅や出先など、いつでもどこでも簡単に採血が出来ます。キットは小さいので持ち歩き出来、採血後も常温で一時保存、郵送が可能です。
弊社の登録衛生検査所で検査後、結果をお知らせいたします。

従来の自己血液検査キットは、最低でも65μℓ、多いと200μℓもの血液を自分で出さなければ正確な数値が測れないとされていました。
その量は目薬4滴ほどに匹敵し、採血に慣れていない、ましてや医療従事者でもない方々には苦痛を伴う検査キットでした。
マイクロセルフキットは、そのおよそ3〜4分の1の量である、30μℓ~50μℓの血液量で検査が可能。この量はおよそご目薬1滴分で、負担の軽さは一目瞭然です。

特許取得の独自技術

また、指先の血液を採取する際に使用する採血チップは、スムーズに血液を採取出来るよう、先端を血液に当てるだけでチップ内に血液を引き込む作りになっています。
血液量の少ないお子様や、血液の出にくいご年配の方、透析など頻繁に採血を課されている方にとって、不安や負担を大幅に削減することが出来る、実に画期的な検査キットです。

従来品では血液検査の前処理として、膜分離という方法をとってきました。これはろ過の原理で血液を血球と血清に分離させ血液検査が出来る状態にするのですが、この方法では膜を血液が通過する際、個々の圧力の加減により血球が壊れてしまうことがあり、確実に正確な数値を出すことが難しかったのが実情です。

「遠心力」で血球と血清を分ける方法と、今までばらつきが出てしまう「膜分離方法」を独自の技術で新たに開発を行い、血球が壊れづらい構造に成功。血液量が少ないからといって検査結果が不安定になることはありません。ろ過では分離させることが困難な液体でも分離させることが出来る遠心分離法のキット、取扱工程の少ない作業で行う独自のろ過分離キット。弊社のmicro-self-Kitなら少ない血液でも血球を壊すことなく正確な検査結果に導きます。

また、遠心分離を終えた後のボトルにも仕掛けが。上が血球、下が血清に分かれたボトルは、その分かれ目でボトル自体を簡単に切り離すことが出来るのです。従来はボトルから血清のみを採取し検査していましたが、それでは血清に血球が混じってしまう可能性がありました。血球と血清を完全に切り離して血清のみを検査にかけることが出来るのは、世界でただ一つマイクロセルフキットだけです。

今まで医療事故が起こったことが無いランセット(針)を使用しています。ランセットは使い捨てですので衛生的。感染症の心配もありません。また、お使いいただいたキットは全てまとめてお送りいただく為、ご家庭にゴミを残しません。

お問い合わせ

ご相談・お問い合わせなど、お気軽にお寄せください。

TEL.0555-72-3263

Contact

メールでのお問い合わせ リンクボタン

お問い合わせはこちら

販売先はこちら

PageTop